カンボジア」に関連する記事

カンボジアから日本への直行便が正式に就航決定

このページの所要時間: 115

6月26日にエイチ・アイ・エス(HIS)などが出資しているアジア・アトランティック・エアライン(Asia Atlantic Airlines)が、日本とカンボジア間の定期便就航を発表した。日本とカンボジアを結ぶ直行便就航は同社が初めてであり、現地メディアも本件を報じており注目されている。  続きを読む

関連カテゴリ カンボジア | 関連タグ |

地元民達が歓迎するイオンモールプノンペンの開店

このページの所要時間: 054

イオンはカンボジアに初めての店舗を6月30日に開店する。
合計190店舗が出店する見込みであり、かなりの大規模店である。
プノンペン市の関係者は、イオンの開店に伴い周辺道路における大幅な交通量の増加が見込まれるため、道路の拡張を検討していると発表した。

編集部にて、独自に周辺住民にイオン出店の感想を聞いたところ以下のコメントを得た。  続きを読む

関連カテゴリ カンボジア | 関連タグ |

カンボジアは米の輸出事業にてタイやベトナムに苦戦

このページの所要時間: 121

東南アジアでは米作に適した気候が整っているため、多数の国で米の生産・輸出を行っており、カンボジアでも米の生産・輸出事業は国の最大の事業であり、2013年の輸出は37万tであった。なお、不正に輸出されている量は上記統計に含んでおらず、相当数が不正に輸出されているとされている。以前の記事(ベトナムからアフリカへの米の輸出が減少)にて報じた通りベトナムも米の輸出で苦戦しているが、カンボジアはベトナムやタイとの価格競争に巻き込まれ、コストの面で負けているため、輸出に苦戦している。  続きを読む

関連カテゴリ カンボジア | 関連タグ |

カンボジア選挙制度改善へ日本政府が支援

このページの所要時間: 041

カンボジアでは20年におよぶ内戦が終わった1993年に国民議会選挙が行われており、民主主義の選挙が開始され始めてから比較的歴史が浅く、まだまだ未成熟な民主主義と言われている。そのため、カンボジア国内でも選挙制度の向上を望む声が多数あり、選挙制度の改善を試みる様々な施策が試みられている。  続きを読む

関連カテゴリ カンボジア | 関連タグ |

ドゥルヨーダナ像が40年の時を経てカンボジアへ帰還

このページの所要時間: 212

近年では国家間にて文化財の返還要求が相次いでいる。文化財の所有権は、正当に購入した文化財か略奪した文化財かなどの様々な観点から争われており、容易に決着がつかない問題である。日本と韓国の間でも仏像などの文化財の所有権の争いが起きており、我々日本人にとっても他人事の問題ではない状況である。アンコールワットで有名なカンボジアとサザビーズ社においても同様な事例が起きていた。  続きを読む

関連カテゴリ カンボジア | 関連タグ |

スポンサーリンク