新刊「ASEANの多国籍企業――増大する国際プレゼンス」(文眞堂) <プレスリリース>

ASEANに拠点を置く地元企業が越境経営を推進している。本書はこうした「ASEAN多国籍企業」の現状に統計・事例の双方から迫った。シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムの企業が合計約90社登場。躍進するASEAN経済の新たな見所である「ASEAN多国籍企業」を徹底的に解説した。

スポンサーリンク