日本のバナナ市場をベトナム・フィリピン・インドネシアが争う

スポンサーリンク



vietnam160
このページの所要時間: 133

ベトナム政府は、ベトナム産のバナナを日本で本格的に展開するため、日本のドン・キホーテでの販売を開始したことを発表した。ベトナム産のバナナが日本で本格的に販売されるのは、今回が初めての事となる。

ベトナム政府では、国内の農産業の発展と日本との交流を深める事を目的として、2013年頃から日本へのバナナ輸出をテスト的に実施していた。大規模なスーパーで本格的に販売されるのは今回が初めての事となる。ベトナム政府によると「ベトナム産のバナナは他国産よりも甘く日本人の味覚に最適」としている。また、日本へ果物を輸出するためには各種基準が厳しいが、この基準を通ったこと自体がブランドとなるために、他国へ輸出する際のプロモーションにも活用出来るとしている。

実際に販売が行われるのは、ドン・キホーテの東京・埼玉・千葉などの10店舗が予定されている。今回の輸出量は約15トンのみであるが、今後はベトナムから日本に輸出する量を倍増させ、流通させる店舗を増やしていく。流通させる量を増加させる事にともない、運送コストも軽減出来る見込みのため、時間とともに安価に提供する事が出来る見込み。

以前のニュース(日本の果物市場をインドネシア産とフィリピン産が争う)でも報じているが、日本のバナナ市場は巨大であり、国内での生産は沖縄と鹿児島のごく一部のみで行われているため、海外から約110万9千トンの輸入を行っている。輸入国はフィリピンが90%程度を占めており、続いてエクアドル、台湾などが占めているが、近年ではインドネシアもこの巨大市場を獲得するために、昨年の6月頃から日本への輸出を促進させている。そのため日本のバナナ市場をベトナム・フィリピン・インドネシアが争うこととなっている。

※ニュース内の輸出入などの数値は平成22年の財務省貿易統計などより引用

スポンサーリンク


関連カテゴリ ベトナム
関連タグ ,

ベトナム関連ニュース

ベトナム関連登録情報