支援」に関連する記事

日本はフィリピンにおける女性の社会進出を支援

このページの所要時間: 110

フィリピンの貧困にあえぐ農村部においては、家族の生計を向上されるため女性も働いているが、技術力不足のため職に就く事が困難であり、また職に就いたとしても満足した収入が得られない状況となっている。そのため日本政府は、フィリピンの女性の社会進出を支援するためヌエバ・ビスカヤ州ケソン町において「女性訓練センター建設計画」を実施しており、この訓練センターの引き渡し式典を6月9日に実施したことを在フィリピン日本国大使館は発表した。  続きを読む

関連カテゴリ フィリピン | 関連タグ , |

日本はカンボジアの母子保健を支援

このページの所要時間: 18

カンボジアでは貧困などの理由により、特に健康に留意する必要がある母子が、満足な医療サービスの提供を受けられない状況が多々発生していたため、日本政府は無償資金協力により1995年に首都プノンペンに産婦人科病院を建設していた。しかし、建設から15年が経ち施設の老朽化などの問題が発生しているため、日本政府は施設の改修および拡張を行う無償資金協力「国立母子保健センター拡張計画」の支援を実施し、起工式式典を実施したことを在カンボジア日本国大使館は発表した。  続きを読む

関連カテゴリ カンボジア | 関連タグ , , |

日本はフィリピンへココナッツ・センターを贈与

このページの所要時間: 129

フィリピンの農村地帯においては、加工技術が未熟なために、加工製品を作成することが出来ないため収入が伸びす、貧困に悩まされる村が多数存在している。これらの問題を解決するため日本政府は、フィリピン中部東ビサヤ地方に位置する北サマール州カタルマン町およびサンホセ町において、無償資金協力事業として、ココナッツの加工技術支援を実施し、この引き渡し式典を6月4日に実施したことを、在フィリピン日本国大使館は発表した。  続きを読む

関連カテゴリ フィリピン | 関連タグ , |

日本はラオスの漁業養殖と人材育成を支援

このページの所要時間: 110

ラオスでは海に面していないため、魚介類などの水産物は自国内で養殖しているが、養殖の際に必須となる稚魚の生産・育成は高度な養殖技術が必要となるために、近隣諸国からの輸入に頼っている状況であった。これらの問題を解決するため日本の国際協力機構(JICA)は、ラオス政府との間で漁業養殖と人材育成に関する合計2件において総額9億7500万円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結したことを発表した。  続きを読む

関連カテゴリ ラオス | 関連タグ |

日本はミャンマーのマンダレーの上水道整備を支援

このページの所要時間: 18

ミャンマーのマンダレーは、125万人を抱えるヤンゴンに次ぐ第二の都市である。このマンダレーでは人口の増加に対して上水道の整備が追い付いていないため、住民に安全・安心な水を届けることが難しくなっていた。そのため日本政府は、以前からミャンマーのヤンゴンなどの上水道の整備の支援を実施していたが、新たに「マンダレー市上水道整備計画」として25億5,500万円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結したことを6月3日に国際協力機構(JICA)は発表した。  続きを読む

関連カテゴリ ミャンマー | 関連タグ , , |

スポンサーリンク