アジア最大の石油ハブの建設を目指す韓国に対してシンガポールはLNG分野の成長を目指す

スポンサーリンク




画像:シンガポール国際企業庁より引用
このページの所要時間: 110

シンガポールは石油などのエネルギー資源のハブとしても活躍しており、アジア最大の石油ハブであり世界のトップ3に入る拠点である。この様な状況のなか、韓国政府が2020年までに同国内にアジア最大の石油貯蔵施設を建設することを表明しておりシンガポール政府の今後の動向が注目されていた。9月30日にシンガポール国際企業庁のディレクターが、シンガポールのオイルハブにはまだ成長出来る余地があり特にLNG分野を成長させていく、とのコメントを発表している。

石油産業は独立型産業ではなく、石油の精製のための化学産業の技術が必要となることもあり、石油ハブとなることは他の産業の成長にも繋がるために、シンガポール政府は法人税引き下げなどの優遇措置を用いて石油産業の成長を促進させている。しかしながら、シンガポールでは石油が全く産出されないため、石油は全て海外からの輸入に頼る必要がある。以前は中東からの輸入に頼っていたが、近年ではマレーシアやインドネシアからパイプラインでの天然ガスの輸入を行うなど、リスクの分散のために供給元の分散に力を入れている。

韓国政府が2020年までに同国内にアジア最大の石油貯蔵施設の建設を行うことを発表しているが、石油ハブとなるには、石油の輸入から精製するための高度な化学産業の技術などが必要となることからも、この計画の実行は容易にはいかなさそうである。

スポンサーリンク


関連カテゴリ シンガポール
関連タグ

シンガポール関連ニュース

シンガポール関連登録情報