中国は日本の南シナ海への駆逐艦派遣を批判

スポンサーリンク



asean360
画像提供:中国外務省
このページの所要時間: 18

中国外務省は、日本の自衛隊が南シナ海等で共同軍事演習等を行うために駆逐艦を派遣する行為は、南シナ海における平和を乱す行為となるため止めるように批判した。

中国外務省で16日に実施された定例記者会見の際に、記者から「日本の自衛隊が南シナ海やインド洋において合同軍事演習を行うために駆逐艦を派遣しようとしています。この動きに関して、中国政府の見解を教えて頂けますでしょうか?」との質問が行われた。

この質問に対して外務省の報道官は「昨年以来、中国政府とASEAN諸国が努力した結果、南シナ海における状況は改善されています。地域外の国は、当事国達が南シナ海における平和と安定を守るために実施している努力を尊重すべきです。」と前向きを述べた後に「日本政府は自国のみの利益を求めているために、南シナ海における紛争を拡大させ、南シナ海問題で関係国を分断しようとしています。日本の行動は、中国の人々からの反感をかっています。日本政府が今後も南シナ海における軍事的な活動を実施した場合には、中国側は自国の主権と安全を守るための行動をとる事になるでしょう。私は日本政府に対して、紛争当事国ではないという事を認識して欲しいです。そして、日本は中国や南シナ海等において侵略した等の不名誉な歴史を持っている事を認識して欲しいです。」との旨を述べた。

スポンサーリンク


関連カテゴリ アセアン
関連タグ ,

アセアン関連ニュース