インドネシア」に関連する記事

日本の果物市場をインドネシア産とフィリピン産が争う

このページの所要時間: 142

日本で消費されるバナナの大多数が海外からの輸入であり総輸入量は約110万9千トンにものぼる。輸入先国は特にフィリピン産が多く、今まではフィリピン産の1人勝ちの状況であったが、この日本のバナナ市場の大きさにインドネシア企業が目を付けたことから、今月からインドネシアから日本にバナナの輸出が行われることとなった。今月の6月は800トンのバナナが日本に向けて輸出されたことを、在日本インドネシア大使館は発表した。  続きを読む

関連カテゴリ インドネシア | 関連タグ , |

リコーはASEANで事業展開するためインドネシアに新会社を設立

このページの所要時間: 133

インドネシアでは急速な経済発展および人口増加に伴い、商品量の流通が増大しており、これを管理するためバーコードラベルなどを利用した在庫管理を行っている。今後も経済成長・人口増加が見込まれているため、関連してバーコードラベルおよび印字するためのリボン等の消費も増加すると見込まれている。そのため株式会社リコーは、インドネシアで熱転写リボンの現地スリット加工およびインドネシア国内などへの販売を行う会社を設立したことを発表した。  続きを読む

関連カテゴリ インドネシア | 関連タグ |

パナソニックはインドネシアで非住宅用LED照明ショウルームをオープン

このページの所要時間: 127

インドネシアの人口数は、ASEAN内においては1番であり、また世界的にみても4番目に位置し、今後も人口が増加する見込みである。このインドネシアでは経済成長が続いていることもあり、企業・個人の両者のエネルギー消費が近年急増しており、政府も省エネ対策を実施するなど、省エネに関するニーズが増加している状況であった。そのため、パナソニック株式会社はこれらのニーズを受けて、6月5日にインドネシアの首都ジャカルタにおいて非住宅用LED照明を中心とした提案型のショウルームをオープンした事を発表した。  続きを読む

関連カテゴリ インドネシア | 関連タグ |

日本はインドネシアの塩輸入規制に対して懸念

このページの所要時間: 120

インドネシアでは昨年の9月に大統領選が実施され、ジョコ・ウィドド氏が新しく当選したため、新政権による様々な産業改革が実施されており、塩の輸入規制も検討している。この現在検討中である塩の輸入規制ついて、実施された場合にはインドネシア国内経済においてサプライチェーン全体に悪影響が発生する可能性があることを、駐インドネシア日本国大使はサレ・フシン工業大臣と会談をした際に伝えた。  続きを読む

関連カテゴリ インドネシア | 関連タグ , |

マンダムはインドネシアで新工場を竣工し、アジア市場への商品供給力を強化

このページの所要時間: 18

主に男性用化粧品の製造・販売を行う株式会社マンダムは、連結子会社である現地法人のPTMandom Indonesia Tbkが、インドネシアのジャカルタの所在していた本社兼工場をブカシへ移設する事に伴い、本社社屋を併設した工場を新たに建設し、竣工式を実施したことを発表した。この新工場設立により、急成長するアジア市場により高品質で低価格な商品を供給することが可能となった。  続きを読む

関連カテゴリ インドネシア | 関連タグ |

スポンサーリンク