運輸」に関連する記事

シンガポール港は継続した成長が続く

このページの所要時間: 123

シンガポール港はアジア拠点のハブとして発展しており、アジア地域における最も貨物のサプライチェーンが優れている港に送られる「the Asian Freight and Supply Chain Awards」の賞を受賞している。このシンガポール港を管理・管轄しているシンガポール海事港湾庁は、2014年の船舶の到着重量は23.7億トンであり、この数値は過去最大であり、今後も継続した成長が続く見込みであることを発表した。  続きを読む

関連カテゴリ シンガポール | 関連タグ |

日本はインドネシアの交通渋滞対策を支援

このページの所要時間: 123

インドネシアでは経済発展が進むとともに自動車の所有者数が増大している。この自動車の増加に交通インフラの整備が追い付いておらず、都心部などでは交通渋滞が発生しており社会問題となっている。日本政府はこの状況を改善させるため、ジャカルタ市内の渋滞の激しい交差点の一つであるグロラ交差点における渋滞緩和・環境改善計画を支援(供与限度額:99,904ドル)することを、在インドネシア日本国大使館が1月16日に発表した。  続きを読む

関連カテゴリ インドネシア | 関連タグ , |

シンガポール航空は期間限定でアセアン各国への割引運賃を発売

このページの所要時間: 15

シンガポール航空は1月14日から30日までの期間限定で、日本の主要都市(東京(羽田・成田)・名古屋・大阪・福岡)からシンガポールおよびインドネシア(バリ島)、タイ(バンコク・プーケット)、ベトナム(ホーチミンシティ)、マレーシア(クアラルンプール・コタキナバル・ペナン・スラバヤ)、ミャンマー(ヤンゴン)の10都市への運賃を、大幅な値引きで提供することを発表した。  続きを読む

関連カテゴリ シンガポール | 関連タグ , |

ミャンマーでの輸入時の通関処理が厳格化される

このページの所要時間: 129

ミャンマーでは民主化が遅れていたため、輸入通関時に関する法整備などが遅れていた。そのため、ミャンマーで輸入を行う海外の事業者は、事前に関連省庁に個別に問合せを行った後に、輸入処理を行うという対応を実施していたが、一部の事業者においては、書類審査・検査などが免除されるケースがあり、通関処理の不透明さが指摘されていた。しかしながら、昨年の秋頃から輸入時における通関処理が厳しくなり、特に食品および加工食品に関しては、審査・検査が厳格に実施され始めていることが、ミャンマーへ輸出を行っている会社および運輸業者への取材により判明した。  続きを読む

関連カテゴリ ミャンマー | 関連タグ |

シンガポール沖でタンカーが衝突し推定4500トンの原油が流出

このページの所要時間: 115

シンガポール沖で1月2日6時(シンガポール時間)にリビア船籍のオイルタンカー「Alyarmouk」とシンガポール船籍のバルクキャリア「Sinar Kapuas」が衝突し、推定4500トンの原油が流出している。シンガポール海事港湾庁は、現状(1月6日時点)ではこの2隻は安定した状態にあり、これ以上の原油の流出は現在確認されていないことを発表した。  続きを読む

関連カテゴリ シンガポール | 関連タグ |

スポンサーリンク