GSMA報告書がアジア太平洋地域でデジタル社会を前進し得る協業プラットフォームについて全体像を解説 <プレスリリース>

シンガポール・チャンギ国際空港と香港国際空港が国際線接続でアジア太平洋のトップに <プレスリリース>

マベニアの仮想化無線アクセスネットワーク(vRAN)技術が2年連続で5G Asiaの「最優秀RAN技術賞」を受賞 <プレスリリース>

インドネシア・スマトラ島の熱帯雨林回復へ1万本を植樹 日本からのボランティアも参加 今年で6回目 <プレスリリース>

インドネシアを拠点とする国際的な紙パルプメーカーであるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)は2019年9月3日、インドネシア・スマトラ島のリアウ州で、インドネシアの政府・自治体、国際熱帯木材機関(ITTO)、同国の自然保護団体「ベランターラ基金」、地域住民、日本から参加した専門家、ボランティア、そして日本とインドネシアの関連企業の皆さんと協力して、苗木を植樹しました。この植樹活動は毎年この時期に実施してきており、今年で6回目。日本からはエイピーピー・ジャパンのタン・ウイ・シアン会長や社員、その関係者、一般ボランティアなどの計20名が参加しました。

GSMAのモバイル360がマレーシアで初開催 <プレスリリース>

スポンサーリンク