ラマダン明けのレバランを迎えるインドネシア

このページの所要時間: 19

インドネシアでは信仰の自由が保障されており多民族国家であるが、イスラム教徒が多数を占める地域においてはイスラム教の習慣に従った生活を行っており、6月18日から1ヵ月の間に実施されたラマダン(ラマダーン)期間中の断食明けの大祭のレバランが7月17日から開始された。  続きを読む

関連カテゴリ インドネシア | 関連タグ , |

日本はフィリピンの水力発電を支援

このページの所要時間: 129

フィリピンでは経済成長に伴い官民の両面からの電力消費が増加したため、都市部においては積極的に電力インフラへの設備投資を行いある程度の安定的に電力を供給することが可能となったが、都市部以外においては十分な電力インフラの構築が出来ていない状況である。そのため日本政府は、ルソン島北部のイフガオ州アシプロにおいて、無償資金協力事業「イフガオ州小水力発電計画」として水力発電整備の支援を実施し、この竣工式を7月9日に実施したことを発表した。  続きを読む

関連カテゴリ フィリピン | 関連タグ , |

タイ大使が公明党の山口那津男氏に表敬訪問

このページの所要時間: 11

タイのシハサック・プアンゲッゲオ(Sihasak Phuangketkeow)氏が新たに在京タイ大使に着任したことに伴い、公明党の代表である山口那津男氏に表敬訪問を実施し、駐日大使着任後の挨拶を実施したことを在京タイ王国大使館は発表した。  続きを読む

関連カテゴリ タイ | 関連タグ |

ラマダン明けを迎えたシンガポール

このページの所要時間: 136

シンガポールは中国系、マレー系、インド系などの住民から構成されている多民族国家であるため、国家の祝日として様々な宗教に関連する祝日が設けられている。シンガポールに在住するマレー系でありイスラム教を信仰する住民達は、ラマダン(ラマダーン)期間中の断食明けに「ハリ・ラヤ・プアサ」と呼ばれるお祭りを実施しており、今年もこのハリ・ラヤ・プアサを7月17日に実施している。  続きを読む

関連カテゴリ シンガポール | 関連タグ , |

ASEAN経済共同体設立により各地域の伝統工芸品が衰退

このページの所要時間: 139

ASEAN10カ国(マレーシア、ミャンマー、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)内において、経済面における人・物・サービス・金などの移動が自由に行う事が出来る「ASEAN経済共同体(ASEAN Economic Community:AEC)」の設立が2015年末に予定されており、世界中から注目を浴びている。しかしながら、このアセアン経済共同体が設立された場合には、各地域における伝統工芸品が衰退する恐れがあることを各国政府は懸念している。  続きを読む

関連カテゴリ アセアン | 関連タグ , , |

スポンサーリンク