国交省がタイガーエア・シンガポールの外国人国際航空運送事業の経営許可

スポンサーリンク



singapore064
このページの所要時間: 056

日本の国土交通省は、タイガーエア・シンガポールからの外国人国際航空運送事業の経営許可申請について、7月14日付にて許可する事を発表した。

この申請者であるタイガーエア・シンガポールは、7月25日付けで兄弟会社でありシンガポール航空の100%子会社のLCCであるスクートを吸収合併することを予定している。合併後の社名は「スクート・タイガーエア」となる予定である。社名は変更されるが、ブランド名はスクートブランドに統一されるために、日本路線の利用者にとっては外見上の変更は無い。

この新たな会社「スクート・タイガーエア」の路線と便数は、現在の日本路線にてスクートが運航している路線をスクート・タイガーエアが継承し運航するため、日本路線の利用者にとっては従来通りとなる。

現状の路線・便数は以下の通りである

シンガポール= 台北= 成田:週7便
シンガポール= バンコク= 成田:週7便
シンガポール= 高雄= 関西:週3便
シンガポール= バンコク= 関西:週3便
シンガポール= 台北= 新千歳:週3便

スポンサーリンク


関連カテゴリ シンガポール
関連タグ , ,

シンガポール関連ニュース

シンガポール関連登録情報