群馬県がベトナムと技能実習生受入に関する覚書を締結

スポンサーリンク



vietnam258
画像提供:ベトナム政府
このページの所要時間: 055

ベトナム政府は、群馬県の大澤知事がベトナムに訪問し、ベトナム人技能実習生の育成や活用方法に関して協力する覚書を締結した事を発表した。

群馬県では、多くの中小企業の製造業において人手不足が発生している。これらの中小企業からは、安価で従業出来る技能実習生の受け入れを望む声が多くあがっていたため、群馬県はベトナム等からの外国人労働者の受け入れに積極的に取り組んでいた。

ベトナム政府側も、技能実習生の制度は国外の優れた技術を学び自国に持ち帰り活用する事が出来ると賛成している。しかし、受け入れ先企業等で事前に合意していた内容以上の勤務を強いられる事などが多発していたため、受け入れ先企業の教育・指導を日本政府側で実施する事を望む声が挙がっていた。

ベトナム政府の発表によると、今回の締結した覚書では「ベトナム政府側は日本へ派遣する人材への日本語教育を強化する」「群馬県は労働局と協力し受け入れる企業への指導を実施する」「ベトナム政府と群馬県は受け入れ企業・機関などの情報を定期的に共有する」などが盛り込まれている。

スポンサーリンク


関連カテゴリ ベトナム
関連タグ

ベトナム関連ニュース

ベトナム関連登録情報