NECがアセアン6か国にサイバー攻撃防御演習を実施

スポンサーリンク



asean339
画像:NECのHPより
このページの所要時間: 12

日本電気株式会社(NEC)は、インドネシア・フィリピン・ベトナム・ラオス・ミャンマー・カンボジアのアセアン加盟国の6カ国の政府関係者を対象として、サイバー攻撃防御演習を実施する事を発表した。

今回のサイバー攻撃防御演習は、独立行政法人の国際協力機構(JICA)から課題別研修「サイバー攻撃防御演習」の研修業務を受託した事により実施されるものである。この研修にはASEANの 6か国から合計で20人が研修に参加する。研修は3年間にわたり日本で実施されるものであり、1年目となる今年は2月20日から3月3日までの日程で実施される。

講義では「セキュリティ技術概説」「セキュリティインシデントとその対応」「最新の脅威情報とその対策」を実施する。演習では「情報連携演習」「実践的防御演習」を実施する。これらの研修を通じて、参加者達はセキュリティ技術の基礎知識とサイバー攻撃の被害と対策に関わる様々な組織・担当者の役割や対処方法と最新のサイバー攻撃による脅威・対策等を学ぶ。

NECは、今後も国内・国外の政府機関等にもサイバー防御の演習や製品・サービスの提供を行いサイバーセキュリティ能力の向上に貢献していく方針である事を表明している。

スポンサーリンク


関連カテゴリ アセアン
関連タグ ,

アセアン関連ニュース